いのちの出前授業
 
ままとーん

住友生命子育てプロジェクト
 


【プログラムの内容】
以下は、標準的な内容です。授業のねらいや時間によってアレンジいたしますので、お気軽にご相談ください。

1時間目:45分~50分プログラムの説明
1クラスにつき2組の親子がゲストとして伺います。
ままとーんのスタッフも各クラスに同行し、進行を務めます。
通常クラスの教室で行いますが、2クラス合同で特別教室、学年で格技室、
体育館等を使うこともあります。



「ゲストとのトークタイム」(約10分)赤ちゃんとふれあい
ゲストのお母さん、お父さんが出産や子育てについてお話しします。
 ・初めて赤ちゃんを抱っこした時の気持ち
 ・子育てで1番大変なこと、嬉しいこと
 ・お父さん(お母さん)について印象に残っているエピソード
このほかの、質問にもお答えします。
また、お話だけではなく、アルバムや母子手帳、育児グッズなど、
ゲストさんのアイデアで用意していただいています。

「赤ちゃんとの触れ合いタイム」(約10分)
ゲストさんに教えてもらいながら、子ども達に赤ちゃんを抱っこしてもらったり、あやしてもらったりします。赤ちゃんの重み、温かさを感じる時間です。
子どもたちは2グループに分かれ、授業の前後半で移動し、
2組のゲストさんと交流します。


2時間目『誕生学プログラム~いのちってスゴイ!~』(45分~90分)誕生学プログラムの説明
公益社団法人誕生学協会認定の講師が、いのちの始まりと誕生の仕組みを科学的にロマンチックに伝えます。お母さんのおなかの中で成長し、色々な工夫をして誕生した生命力を学び、自尊感情を育む機会とします。

通常、学年単位で行います。場所は特別教室、体育館などに移動して実施します。



 

通常の授業だけでなく、オープンスクールや授業参観、学校保健委員会でのご依頼もいただいています。
平成27年度実績(学校名のみ)は、こちらに掲載しています。

実績一覧

【小学校】【中学校】【高等学校】
 ・2年生生活科
 ・5年生理科
 ・その他、学級活動、保健体育、
   道徳など
 ・家庭科
 ・保健体育
 ・総合的学習
 ・家庭科
 ・キャリア教育
 ・道徳

 

  • 自分の命を大切にし、自分の成長を喜び、友だち同士成長を喜び合える、子どもたちの大きな力になったと考えます(小2・生活科)
  • 子どもたちは命の大切さや、いかに大切に育てられてきたかを実感することができたと思います。赤ちゃんの一挙手一投足に興味津々で、とても素晴らしい時間になりました。(小5・道徳)
  • 子どもたちが、とても穏やかな表情で抱っこしている姿が印象的でした。(小5・理科)
  • 命の重さや大切さを実感し、学ぶことができました。(中3・家庭科)
  • 男性の育児参加についても話していただいて、とても良かった。(高1・家庭科)

  1. 授業予定日の1ヶ月前までに、下の申込書に記入して、FAXまたはメールでお申し込みください。。(または、ままとーん事務所にお電話ください。平日10時~15時以外は留守番電話にメッセージをお願いします)
  2. 数日中に担当よりご連絡を差し上げます。
  3. 授業2週間前までに、一度学校での下見、打ち合わせのお時間をいただきます。
  4. 授業1週間前までに、当日うかがうゲストとスタッフの名簿をお送りします。
  5. 授業当日、スタッフが教室等の設営を行い、ゲストを案内いたします。

  • お申し込みは授業予定日の1ヶ月前までにお願いします。先着のご依頼校と日取りが近い場合は、調整をお願いすることがあります。
  • 1月と2月はインフルエンザ等の流行時期のため、この時期のご依頼は受け付けておりません。
  • {PDF}(出前授業申込書.pdf
  • {WORD}(出前授業申込書.doc


継続的な活動のため、必要経費として1クラスあたり5,000円を目安にご負担をお願いしています。
ご予算により相談に応じますので、お気軽におたずねください。